ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勧誘電話うぜーって撃退法サイトとかぐるぐるしてて
たまたま見た言葉でふと思い出したのですが

「うる覚え」

これ、つかう人いますか?
ここ数年すごくよく見るようになりました
なので、てっきり誤用にもかかわらず一般的になったため
辞書に載っちゃった系と勘違いしてましたが、違ったみたい。

参考:http://www.tt.rim.or.jp/~rudyard/hirago014.html

先に挙げた誤用にもかかわらず云々は「重複」です
みんな「じゅうふく」って読むからそれでもOKに
なっちゃったけど、元々は「ちょうふく」なんです


ってwikipedia見てたらどうも2ch発祥っぽい?
わかっててやってんならまーいいんですけど
その誤用を本来の使われ方だとして覚えてしまわれると
非常に由々しき問題なんじゃあないかとHALは思います

じゅうふくは許せてもうるおぼえはねーわw


ま、そんな話からひとつ思い出したので書いてみます

最近のコは調べ物に辞書・辞典・事典を使わないんじゃ?
と、先日母と話をしました。

なんでもどっかの学校では実際に電子辞書やパソコンを
使って調べる授業?をやっているそうで、つまり紙媒体の
辞典類に触れる機会がそもそもないんじゃないかと。

私は80年代ながらもうすぐ30に手が届くかっていう世代
なので、当然卒業するまでずーっと紙媒体の辞書でした
学校指定で買わされたこともありますし、好みの出版社
なんかもあったりします…ってフツー好みとかねーなw
(たぶん本の虫だったからなんでしょうね!)

ここを読んだ皆さんがパッと思いつく辞典の出版元は
どこでしょうか。これはあくまでたぶん、なんですが
「学習研究社」「岩波書店」「旺文社」「角川書店」
「三省堂」「小学館」「大修館書店」「成美堂出版」
あたりがいいとこなんじゃないかなぁと思います。
辞典っていうか教科書で馴染みのあるトコも多いかw

当然、出版社によって傾向みたいなのもあるし編纂者
によって違いもありますが、ただひとつ言えることは
若い層に岩波のは薦められません!難しいから!!

ごく一般向けというか年代問わないのは三省堂かなー
と思ったりします。どこでも売ってるってのもある
けど、まあ家でも日常使っているのは三省堂です。

おいら割と三省堂は好き。載ってないのとかで
気に食わないところはあるけども。

三省堂といえば金田一京助っていうか、金田一家?
だと思うんですよワタクシ。まあそんなのどうでもよくて。


みなさんの思うところの"辞書"とは違うかと思いますが
講談社の『日本語大辞典』なんかは読み応えあります。
絵とかも割と多く入ってるし、読んでみようって人には
いいんじゃないかなーと。もちろん、調べ物でもw

つーか辞書って読み物だよねって言い始めたら、あなたは
立派な本の虫。今時「本の虫」なんて言わないかorz

ちょっと前話題になった10年ぶり改版となった『広辞苑』
も面白いんですよ!ああでもいきなり広辞苑はきついかも


まーなんだ、話が逸れちゃったけど読む本ないなぁって
思ったら辞書とか手にとって見てくださいって話(違う





そいやストーカー判事のメール内容が公開されてて
すっごいブルブルしました。超こええ。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080610/crm0806102056041-n1.htm


で、今度は水野晴郎…
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20080611-OYT1T00457.htm

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 無条件スペクトル, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。