ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回のエントリで書いたんだけどどんだけ大変か
普通の人にはわからないと思うので、簡単に説明してみます




用意するもの(ショートソードから製作と仮定)
■レシピ
 ・剣錬成・入門
 ・剣錬成・応用
 ・剣錬成・極意
 ・究極・剣の錬成法

■元となる武器
 ・ショートソード(最低4本)
 ※但し途中の武器が手に入るならその限りではない

■材料
 ・石炭いっぱい
 ・鋼いっぱい
 ・砂(最低30)



ヤタガンを作るためには
カッツバルゲル+スコルピウス+鋼15
が必要となります。


では、初めにカッツバルゲルを作ります。
簡単に書くと過程はこんな感じ。

 ショートソード>バゼラート>マインゴーシュ>カッツバルゲル

但し マインゴーシュ>カッツバルゲル の過程で
カッツバルゲルにならずマインゴーシュが消滅する可能性アリ。


次にスコルピウスを作るために必要な短剣たちを作ります。

まずはマインゴーシュ。
これはカッツバルゲル生産過程を途中で止めれば良いですね。

 ショートソード>バゼラート>マインゴーシュ

となります。


次に、マインゴーシュと掛け合わせる?ためのダークの元となる
スティレット・バゼラートといった2種の短剣を作ります。

 ショートソード>スティレット
 ショートソード>バゼラート

この2種から、ダークが生産できます。

 スティレット+バゼラート>ダーク


では、スコルピウスの生産です。ここまでくれば簡単ですね。
作っておいたマインゴーシュと今作ったダークで完成です。

 マインゴーシュ+ダーク>スコルピウス


これでようやくヤタガンを作ることができます。

 カッツバルゲル+スコルピウス>ヤタガン


これで1本のヤタガンが完成しました!
ただ、これはただのヤタガンなので性能は普通です。

最強のヤタガンを作るためには当然消滅覚悟で
強化強化強化の必要があるわけですが…
自分はとってもめんどくさいのでやりませんw


さて、文章交えると見づらかったかと思うので
過程だけ抜き出して書いてみましょう。

カッツバルゲル
 ショートソード>バゼラート>マインゴーシュ>カッツバルゲル

スコルピウス
 ショートソード>バゼラート>マインゴーシュ
 ショートソード>スティレット
 ショートソード>バゼラート
  スティレット・バゼラート>ダーク
  マインゴーシュ・ダーク>スコルピウス


レシピ内容とか

入門
 スティレット=ショートソード+石炭2+鋼3

応用
 バゼラート=ショートソード+石炭3+鋼1
 ダーク=バゼラート+スティレット+石炭5

極意
 マインゴーシュ=バゼラート+石炭3+鋼3
 スコルピウス=マインゴーシュ+ダーク+石炭5

究極
 カッツバルゲル=マインゴーシュ+砂30+鋼10
 ヤタガン=カッツバルゲル+スコルピウス+鋼15





剣レシピの面白い使い方としては、ロングソードに
見せかけて実はATK100フラムベルグだったとか
そういうのができるからいいですよねwww


まーちょっとぼかぁ文句言いたいんだがダークは投てき+2
なのにスコルピウスにした時点で投てき+1に戻ってしまう。
どうにも納得いかん!どうして+2じゃないんだ!!

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 無条件スペクトル, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。